2011年 迎春!

時の流れは絶えずして、しかも 059.gifもとの流れに在らず・・・。
a0170146_14535239.jpg

毎年 々 、新しい年の始まりは訪れるものの、繰り返しのように見えて、
 ~いつも何がしらの新鮮な出会いを携えている・・・時の流れ。
今年も、年末から年始にかけて、そんなに遠くに離れている訳では無い・・・田舎に帰郷していました。
a0170146_14592896.jpg

元日は、土地の氏神を祭る神社に、それと無く“初詣”
ここのクスノキは・・・吾輩の小学生の頃から、いやそのズッと以前からも変わらない佇まい。
その後は・・・紀伊水道を望む浜辺に出てみました。
a0170146_15171.jpg

初日の出は、あいにく 天気の具合で取れなかった(というか、寝坊もした)ので
 ~元日の“日の入り”を撮りました!
a0170146_1525482.jpg

072.gif今回の~話題~は、
 この時期、名物となりつつある(NHKにも放映された)~“大根のやぐら干し”~(以下:引用)
◆たくあん漬けをつくるために毎年この時期に行われ、田んぼには、高さ5メートル、幅およそ80メートルの巨大なやぐらに1万5千本の大根が9段重ねで干されています。大根の品種は「総太(そうぶと)りダイコン」で、稲刈りの終わった9月半ばから田んぼで栽培されています。◆
a0170146_1575778.jpg

072.gifそれと、もう一つは・・・“フルス(葫芦絲)”という、中国雲南省少数民族の楽器060.gif
a0170146_15102527.jpg

さどかし高価065.gifと思いきや・・・北京にて日本円にして、4~5千円・・というから、手頃かも。
和音も出せ、これで“越天楽”を演ずれば、「さもありなん」という風情が出る音色♪
但し、吹くには少しコツが入り、一定以上の空気圧を絶えず保ち続けなければ、綺麗な音階は出てこない!
使っている~ヒョウタン~の表面には、けっこう芸術性の高い彫り物005.gif
ハードケースの入れ物も、高級感タップリ!・・・です。
ちなみに、私の所有物・・・・では有りません!珍しいので、映像をお借りした~だけなのです。
[PR]
by tetra_pot | 2011-01-08 15:22 | 旅日記 | Comments(0)


<< You-Tubeにアップ! 2010年リメンバー’95 >>