台風の置き土産

9月中旬の連休に、紀州の田舎に帰って来ました。
そして、数km離れた所の浜辺に~行ってみました。
a0170146_20184065.jpg

天気は良かったものの、近付いている台風15号の影響なのか、大きな波~!
a0170146_20261586.jpg

a0170146_20385773.jpg




台風12号では、かなりの漂着物が打ち寄せられた・・・というのを聞いてはいたけれど・・・
a0170146_2031929.jpg

未だ、種々の木材の切れ端や、立派な丸太なども・・・沢山残っている。
彫刻等をする人が見れば、宝の山~では無いだろうか?
a0170146_20324170.jpg

最近は、木の切れ端を燃やして焚くお風呂の家も無いし、処分に困りそう・・・。

a0170146_20395413.jpg

さて、台風12号で一時水没し、倒れてしまった稲は、稲刈りが大変!
コンバインを持ってしても、一方向からしか・・・刈れない。
私が知らなかっただけか・・・最近の稲刈り機は、稲藁が出ない!
細かく砕いて、田圃にばら撒いて居る~とは、意外であった。
そして「稲刈り」と「脱穀」~を同時に行なっていく。
a0170146_20405414.jpg

しかし、切り替えで~“稲藁”を残すことも出来るとのこと。
a0170146_20474640.jpg

ヤッパリ、日本の秋~収穫風景イメージ~は、こうで無いとネ・・・

道端には、すっかり秋らしく~“曼珠沙華”が咲いていました。
a0170146_20495860.jpg

[PR]
by tetra_pot | 2011-09-19 21:04 | 旅日記 | Comments(0)


<< “竹灯籠”~の夕べ 初秋の日暮れ >>