梅雨時の風物詩

梅雨入りしてから…割合と雨の少ない今年の〜6月。
紀州の田舎〜に帰省し、眼にした風景をご紹介します。

水田に映える夕日…。いつもより 2倍~楽しめる!
a0170146_22220664.jpg
雲の合間からみえる~“満月”
a0170146_22223120.jpg
翌日、日の出前の草木には~“朝露”がいっぱい!
降雨が無くても…植物たちは、きっとこの朝露で生命を 潤して居るのでしょう。
a0170146_22223263.jpg
a0170146_22223173.jpg
耳に心地良く、夜通し「ゲロ ゲロ ゲ~ロ ゲロ」と啼いていたのは…この蛙なんだ。
a0170146_22305059.jpg
そして、梅雨時の花 “紫陽花は~雨に打たれている時の方が…活き活きしているように感じます。
a0170146_22354967.jpg
a0170146_22362021.jpg

既に開花し出した〜蓮(ハス)
 “舞妃蓮(まいひれん)” と “大賀(おおが)ハス”
a0170146_22370832.jpg
葉に溜まった水滴に…プクプクと気泡が! 
降雨後に晴れ…気温が上がって来た時に、よく生ずる現象…とのことです。
a0170146_22373422.jpg
a0170146_22373482.jpg
 「大賀ハス」の方が、ピンク色が鮮やか〜!
a0170146_22375725.jpg
蓮の花の見頃は、あと10日程してから…6月下旬頃でしょうか?ネ。



[PR]
by tetra_pot | 2017-06-11 22:49 | 四季折々 | Comments(0)


<< 雨の止み間に 2017-坂越浦コンサート♪ >>